山崎翔一の謝罪【青森市議】ツイッター投稿内容がヤバイ!世論は議員辞退の流れ!!

10月28日投開票の青森市議選で初当選した山崎翔一議員が話題になっています。

ツイッターによる匿名アカウントでの投稿内容謝罪をしました。

今回は、この山崎翔一議員のツイート内容などについて調べていきます。

山崎翔一議員のツイッター投稿内容で謝罪

テレ朝ニュース他、メディア各局が山崎翔一議員の謝罪に関して下記のようなニュースを報じ話題となっています。


10月28日投開票の青森市議選で初当選した無所属新人の山崎翔一氏(28)が、ツイッターの匿名アカウントで「年金暮らしジジイ」などと差別的な表現を含む投稿をしたとして5日、記者会見し、「不適切な投稿で多数の方に不快な思いをさせ、誠に申し訳ございません」と謝罪した

26日から始まる任期について、「任期を全うし、不快な思いをさせてしまった方に報いたい」と辞職する意向のないことを強調した。

参考資料

スポンサードリンク

山崎翔一市議の問題のツイッター投稿内容

山崎氏によると、選挙用とは異なる私的なアカウントで、老人や障害者、性的少数者などを差別・侮辱するような投稿をしていました。

これらの投稿について具体的に調べてみました。


年金暮らしジジイを舐めすぎ
平日の役所窓口で罵声叫んでるのだいたい爺さん
君にそんなエネルギーあるんかい


片腕落として障害者雇用


福澤諭吉「バッカも~ん!
ワシが書かれた紙を持って、
特定の店に行けば
そんなことにはならずに済んだのじゃ~」


そういえば、デリー行きの電車に乗った時、
おかまの物乞いが来たな~

札束めっちゃ持ってたけど

かなり酷い投稿内容となっています。

市議会が始まったら問題となるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

山崎翔一議員の経歴・プロフィール

問題の投稿をした山崎翔一議員の経歴・プロフィールです。



氏名:山崎翔一(やまざき・しょういち)

年齢:28歳

職業:ITエンジニア、青森市議会議員

党派:無所属

学歴:青森戸山高校 早稲田大学 創造理工学部

Twitterアカウント(本アカウント):@AomoriYamazaki

Twitterアカウント(問題のアカウント):@zakiyamaaaaa

山崎翔一議員は、青森県出身で2018年10月28日の青森市議会議員選挙にて初当選。

2018年11月26日から議員活動を行う予定となっています。

市議として任期4年が始まるのですが、今回の件で批判が続くようであれば、何らかの懲戒処分が下される可能性があります。

山崎翔一議員の投稿の動機

なぜ山崎翔一議員は、このような投稿をしてしまったのでしょうか?

マスコミの報道によれば、謝罪会見で動機について次のように語っています。

なお今回はFNNの記事から引用しています。

■「年金暮らしジジイを舐めすぎ 平日の役所窓口で罵声叫んでるのだいたい爺さん 君にそんなエネルギーあるんかい」という投稿について


こちらの投稿は同級生の友達との会話のやりとりのものです。

こちらの会話の流れとしましては、その同級生の友達が仕事で疲れて元気がない、年金暮らしじじいになりたいというような旨の投稿をしており、それに対して私が返信する形で年金暮らしじじいという言葉を引用しました。

じいさんは君より元気がある、という趣旨の投稿でした。

■福沢諭吉「バッカも~ん!ワシが書かれた紙を持って、特定の店に行けばそんなことにはならずに済んだのじゃ~」という投稿について


これは大学生が性的暴行をした事件に関連して特定の店で処理をすれば性暴力事件はおこらないという趣旨でした

■「そういえば、デリー行きの電車に乗った時、おかまの物乞い来たな~ 札束めっちゃ持ってたけど」という投稿について


これはほかの方がインドでのトランスジェンダーの物乞いについてのツイートについての引用としています。
(略)
自分の実体験としてトランスジェンダーの物乞いの人にインドで出会った経験をしていたという趣旨でした。

■「片腕落として障害者雇用」という投稿について


これについてですが、当時は障害者の水増し請求問題があったため、これに関連したもので、これも同級生との友達の会話のやりとりの中のものです。

プライベートな会話であったり、軽はずみな発言だったと山崎翔一議員は語っています。

スポンサードリンク

山崎翔一議員についての感想


言い訳はわかった。

ただ性根もわかってしまったので個人的には今後この市議を支持できない


やってしまった事は仕方がないので

責任を取って辞職すれば良いんじゃないですか。


何故友達とのやり取りにTwitterを使うのか、

友達との個人的なメールなりLINEだったなら別に問題無いと思うが

誰でも見れるある意味で公共のTwitterを使って発言したことに問題が有るのでは

スポンサードリンク


裏アカウントからの発信なので、よくある不適切発言とは訳が違う

確信的にやっている事なので謝罪やお詫びの話になる事自体に違和感があります。

単純に進退だけの問題


市議だとお金がないのかも知れないけど、謝罪するなら弁護士に相談した方がいい

何か言い訳ばかりで、反省の気持ちが感じられない


ここから学ぶべきは、将来公的な仕事に就こうと考えている人、例えば教職や公務員など。

過去の匿名アカウントでのツイッターも、将来問題にされる可能性があるという事だ。

公的な仕事でないにしても、バッシングに合う可能性はゼロではない

「消せばいいんじゃん」と思っている人は危ない。

アカウントを消しても、ネット上のどこかに残っている可能性は十分にあり得て、100%安心な状態に戻るのはほぼ不可能

だから、ツイッターで発信した内容は、未来永劫世の中に残るという意識で書かないといけない

さいごに

今回の山崎翔一議員のツイッター投稿内容については、議会でも問題視される可能性があります

今後、何か進展があれば追記していきます。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

1件のコメント

  1. まだ議員活動20日前に分かって良かった。
    差別的発言をした彼に所属出来る政党があるのかな。
    市議や、市議会には税金が投入される。
    そんな中、早稲田大学卒業しても、これですか。 
    安定した市議になり、税金から給与を得るとヤジられますね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です