ラブライブの著作権侵害や違反に公式が刑事告訴も!もし訴えられた?

人気アニメ「ラブライブ!」や「ラブライブ!サンシャイン!!」が、著作権侵害違反について警告を出しました!!

刑事告訴も辞さないと言っていますが、実際に訴えられた場合はどうなるのでしょうか?

今回はラブライブ!の著作権侵害について法律などを参考にして紐解いていきます。

スポンサードリンク

ラブライブの著作権違反に関する記事

日刊スポーツ他、各メディアでは今回の件を次のように報じています。
【記事の概要】
○公式が「ラブライブ!」などの著作権侵害に警告。刑事告訴も辞さない姿勢!!
○著作権侵害の商品がイベントや通販サイト、アミューズメント施設の景品となっている。
○個人で行う二次創作の対処についてファンの間では議論となっている。


人気アニメ「ラブライブ!」および「ラブライブ!サンシャイン!!」が、著作権侵害に警告

悪質なものには刑事告訴も辞さないと強調した。

声優ユニットがNHK紅白歌合戦に出演するなど、絶大な人気を誇る「ラブライブ!」シリーズだが、公式サイトが27日、著作権侵害に対する声明を発表

これまで何度も摘発してきたが、「残念ながら『ラブライブ!』『ラブライブ!サンシャイン!!』の著作権を侵害する商品がイベントや通販サイトを通じて販売・配布されたり、またはアミューズメント施設の景品とされる事例が後を絶ちません」と報告した。

「これからも、著作権侵害に対しては厳しく対処し、悪質な侵害については刑事告訴をも辞さない方針を継続していきます」と強調し、無許諾グッズを購入しないよう改めてファンに呼びかけている

ファンの間では、個人で行う二次創作に対しては、どこまで対処されるのかと議論が巻き起こっている。

参考資料

著作権侵害で刑事告訴されたら?

どこから著作権侵害?

コミックマーケットなど売買されている同人誌には著作権的にアウトな物があります。

著作権法は、同人誌やパロディ表現には厳しい法律となっています。

そこでポイントとなるのが、どうしたら著作権侵害で罪になるのか?です。

結論から言いますと、「著作権を侵害した時点で罪」となります。

今回の場合であれば、「ラブライブ!」シリーズに関するグッズや同人誌を公式の許可を取らずに作った時点ですね。

ただ著作権侵害は「親告罪」と言って、当事者の訴えがあってから立件されます。

つまり、許可を取らずに同人誌やグッズ収入を得ていたとしても・・・。

公式から「著作権侵害」と言われない限り罪になりません!!

ただ今回の記事で、公式は「悪質なものには刑事告訴をするぞ!!」という姿勢を示しています。

これから刑事告訴される個人や組織が出るかもしれませんね。

もし訴えられたら?

もし訴えられてしまったら、どうなるのでしょうか?

「著作権侵害」として民事裁判にかけられるか、刑事事件として処罰されます。

民事では、損害賠償などが請求されますが、ケースによって請求額は異なります。

損害賠償額の減額交渉は可能ですので、もし訴えられたら弁護士に依頼するのが一番です。

刑事事件ですが、出版物の場合10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金が課されます。

この刑罰って重くて、話題の地面師の詐欺罪と同じ長さの懲役です(詐欺罪は罰金刑がありませんが)。

もし訴えられたら、やはり弁護士に依頼するのが一番です。

スポンサードリンク

著作権違反への刑事告訴についての考察

ヤマハ音楽教室とJASRACが、著作権でもめていたな・・・という事を思い出しました。

今の時代ですとシェアされたり、利用されることで、色々な人に知ってもらえる機会が増えます(代表例が「いらすとや」ですね)。

ただ多額の資金を投資してコンテンツを製作する企業の立場からすると著作権侵害は頭にきますよね。

やはり同人誌やパロディ商品でも、著作者に売上の一部を渡せる仕組みを作る必要があります。

フィギュアやガレージキットなどの立体物は、その点についてしっかりしています

そう考えると、今回の「ラブライブ!」の件は、著作権を見直す良い機会になるのではないでしょうか?

「ラブライブ!」の公式ツイートを見ると、本当に色々な商品に作っています!!

これは公式なのか著作権侵害されたグッズなのか、一消費者からすると判断するのは難しいですね・・・。

さいごに

今回は「ラブライブ!」の公式による著作権侵害について調べてみました。

刑事告訴された際の刑罰が、かなり重くてヤバイです!!

今後、公式が刑事告訴するのか?が気になります。

もし刑事告訴が出た場合は、情報を追記していきますね。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です