カミンスカス操の過去の犯罪歴や前科を特定!?小山操から名前を変えた理由?

詐欺グループが積水ハウスから55億円もの大金をだましとった事件が起こりました。

その主犯格で逃亡しているカミンスカス操容疑者とは、どのような人物なのでしょうか?

調べていくうちに、カミンスカス操容疑者と思われる過去の犯罪歴・前科を見つけました。

この前科が、小山操から名前を変えた理由なのでしょうか?

カミンスカス操容疑者の過去を紐解いていきます。

カミンスカス操の家族!嫁と子供について~苗字の意味は国際結婚だった~

羽毛田正美の生命保険会社勤務がスカウトの理由!?報酬はいくら?

地面師【積水ハウス】服役中の主犯格が誰か特定!過去の事件も判明!

スポンサードリンク

カミンスカス操容疑者の事件の概要

毎日新聞他、メディア各局が下記のようなニュースを報じ話題となっています。

【記事の要約】

○大手住宅メーカー「積水ハウス」が東京・五反田の土地取引をめぐって約55億円騙した取られた事件。

○警視庁捜査2課が60代の会社役員の男ら男女約10人について、事情聴取を始める方針を固めた

○男らは所有者になりすまして他人の土地を無断で売買する「地面師」グループとみられる。


大手住宅メーカー「積水ハウス」(大阪市北区)が東京・西五反田の土地取引をめぐって約55億円をだまし取られた事件で、警視庁捜査2課が16日にも、偽造有印私文書行使や電磁的公正証書原本不実記録未遂の疑いで60代の会社役員の男ら男女約10人について、事情聴取を始める方針を固めた。捜査関係者が明らかにした。

男らは所有者になりすまして他人の土地を無断で売買する「地面師」グループとみられる。

捜査関係者によると、男らは昨年6月、東京都品川区西五反田2の旅館跡地(約2000平方メートル)の所有者を装って、土地の所有権を登記しようとした疑いが持たれている。

積水ハウスは所有者になりすました男女らに跡地の購入を持ちかけられ、昨年4~6月に土地の取得代金として63億円を支払った。

しかし、法務局での所有権の移転手続き中に印鑑証明などの偽造が発覚
登記はなされず、同社は土地を取得できなかった。

購入代金のうち55億5000万円が特別損失として計上されており、昨年9月に詐欺容疑で告訴していた。
(後略)

カミンスカス操容疑者の経歴・プロフィール

現在、逃亡中で主犯格と思われるカミンスカス操容疑者の経歴・プロフィールです。


名前:カミンスカス操(かみんすかす・みさお)

旧名:小山操(こやま・みさお)

年齢:58歳

職業:地面師、詐欺師

住所:不明

学歴:卒業した学校(大学や高校)の情報は現在不明

家族構成:現在のところ家族に関して報道されていない為に家族については不明です。

報道によるとカミンスカス操容疑者は、以前までネットカフェで生活していたそうです。

急に羽振りが良くなりフィリピンクラブで豪遊するなど巨額の金を手に入れたとされています。

10月13日にフィリピンへ逃亡したようですが、日本とは犯罪者の引渡し条約がないため、タイと並んで犯罪者の逃亡先としては人気の国となっています。

カミンスカス操容疑者の顔写真

カミンスカス操容疑者の報道は多いため、顔写真についても知っている人は多いと思います。

念のためカミンスカス操容疑者の顔写真を掲載しておきます。

カミンスカス操の他の顔写真はこちらから

スポンサードリンク

カミンスカス操容疑者の過去の犯罪歴や前科とは?

詐欺グループとして活動していたことなので、なにやら過去の犯罪歴や前科がありそうな気配がありますよね。

調べてみた結果、気になる情報を発見しました。

【情報の要約】

○共犯者として経営コンサルタント会社役員の小山操被告も実刑。

別の有印私文書偽造事件で有罪判決を受けて執行猶予中

○新築マンションの在庫物件を買い取る際に、取引会社数社が仲介しているよう装った。


2009年8月に不動産購入の仲介手数料を架空計上して、約1億5000万円を脱税したとして、不動産会社の社長に対して、懲役2年、執行猶予4年、罰金1800万円の判決が言い渡された。

この共犯者として経営コンサルタント会社役員の小山操被告(49)も懲役6ヶ月、罰金120万円の実刑とする。

当時の小山操被告は、別の有印私文書偽造事件で有罪判決を受けて執行猶予中であった。

調べによると、二人は共謀して、新築マンションの在庫物件を買い取る際に、取引会社数社が仲介しているよう装った。

そして架空の仲介手数料を計上するなどの手口で収入を隠し脱税を行った。

元の記事では、脱税した社長の氏名や会社名も掲載されていました。

しかし執行猶予期間も終わっているため、名前を公開するのは控えさせて頂きました。

氏名、年齢、手口から、この小山操被告は、今回のカミンスカス操容疑者と同一人物の可能性が高いです。

もし同一人物であれば、カミンスカス操容疑者は、約10年前から不動産詐欺を行っていたことになります。

他にも余罪や前科がありそうですので、新しい情報が明らかになり次第追加していきます。

また犯罪者のなかには、犯罪歴や前科が特定されないように氏名を変えることも珍しくありません。

気になる点は、目立たないように行動する詐欺師が、カミンスカスという目立つ氏名に変える理由が分かりません。

この改名についても引き続き調査していきます。

スポンサードリンク

まとめ

すでに地面師グループが次々と逮捕されています。

だまし取った一部のお金は海外口座に送金されたようで、警視庁がお金の流れを調べています。

このお金の流れから足がつく可能性がありそうですね。

カミンスカス操容疑者の今後も要注意ですね。

カミンスカス操の家族!嫁と子供について~苗字の意味は国際結婚だった~

羽毛田正美の生命保険会社勤務がスカウトの理由!?報酬はいくら?

地面師【積水ハウス】服役中の主犯格が誰か特定!過去の事件も判明!

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です