赤阪友昭さん・写真家の逮捕の報道を見てモヤモヤしています


フリーカメラマンの赤阪友昭さんが傷害の疑いで逮捕されました。

しかし、各マスコミの報道を見ていると、次の点がわからないためモヤモヤしています。

○長男が重症を負った方法がわからない。

○本当に赤阪友昭さんが関与しているのか分からない。

記事を読みながら、モヤモヤを生み出す理由について紹介します。

スポンサードリンク




事件の概要

今回の件について、毎日新聞、時事通信社、ABCテレビ、産経新聞を読み比べてみました。

一番、オーソドックスな記事が書いてあった毎日新聞を参考にします。

【記事の要約】

○生後2カ月の長男に暴行を加えたとして、赤阪友昭容疑者を傷害の疑いで逮捕

○長男の頭部に何らかの方法で暴行を加え、急性硬膜下血腫などの重傷を負わせた。

○事件当日は、赤阪容疑者が長男の世話をしていて、自ら119番


生後2カ月の長男に暴行を加えたとして、大阪府警は16日、大阪市福島区鷺洲2、写真家、赤阪友昭容疑者(54)を傷害の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は昨年11月13日夜、自宅で長男の頭部に何らかの方法で暴行を加え、急性硬膜下血腫などの重傷を負わせたとしている。

黙秘している

府警によると、赤阪容疑者は妻(44)と長女(4)、長男の4人暮らし。

当時、妻は別室で寝ており、赤阪容疑者が長男の世話をしていた。

「息子が意識もうろうとしている」と自ら119番。

医師に対し、「喉が詰まったので、背中を強くたたいた」と説明したという。

後遺症が残る可能性がある
(後略)

元の記事はこちらです。

基本的には、どのマスコミも赤阪さんが虐待した前提の記事を書いています。

これから三つのモヤモヤについて説明していきます。

スポンサードリンク




今回の事件のモヤモヤ

モヤモヤ1 赤阪さんが犯人である決定的な情報がない

今回の件について、逮捕後の赤阪さんの行動がマスコミによって少し異なります。

毎日新聞・ABCテレビでは、黙秘しているという事実を報道しています。

時事通信社は「事実は全く」とだけ話し黙秘してると報じています。

産経新聞は「事実は全く違います。息子のけがについては黙秘します」と報じています。

黙秘しているという点は変わりませんが、何について黙秘しているか、という点の報道が異なります。

また、どの新聞社も息子さんの頭部に衝撃を与えた方法は報じていません。

そのため現時点では、息子さんが急性硬膜下血腫などの重傷を負った理由が明らかになっていません。

「黙秘=犯人ではない」とは思いませんが、赤阪さんを犯人と決め付けるには、あまりに情報が少ないです。

モヤモヤ2 逮捕の決め手?

長男に重症を負わせた方法が分からないのに、なぜ警察は赤阪さんを逮捕したのでしょうか?

気になったのは時事通信社の記事です。

【記事の要約】

インターネットで次の二つについて調べた履歴があった

過去の虐待事件について

○強く揺さぶられて脳が傷つく「揺さぶられ症候群」について


(前略)
同容疑者が、過去の虐待事件や頭を強く揺さぶられ脳が傷つく「揺さぶられ症候群」について、インターネットで調べた履歴も見つかった
(後略)

事件が起きたのが2017年11月13日、赤阪さんが逮捕されたのは2018年10月16日と約1年の間が空いています。

暴行にあったという長男は施設に保護されていると報道されています(このサイトの映像で40秒過ぎ)。

小さい子供がいれば、揺さぶられ症候群について調べても不思議ではありません。

また長男が施設に引き取られた以降であれば、過去の虐待事件を調べても不思議ではありません。

もし検索履歴が逮捕の決め手なら怖いです。

きちんとした証拠や証言が揃ったから逮捕に踏み切ったと信じたいです。

モヤモヤ3 他の家族は?

赤阪さんには、重症を負った長男以外にも、44歳の妻と4歳の長女がいます。

もし赤阪さんが日常的に暴行をしていたなら、長男を預け妻は別室で寝ることはないでしょう。

また仮に赤阪さんが長男に暴行を加えていたなら、妻や娘にも被害があるはずです。

この点についての報道はありませんでした。

赤阪さんの家族関係はどうなっていたのでしょうか?

スポンサードリンク




ネットでの口コミ

ネットでの感想は多くの人たちが赤阪さんが暴行した前提で意見を述べています。

ここでは私と同じように今回の件を疑問に思っている意見を取り上げます

偏った意見のみを取り上げることになりますが申し訳ありません。


□まず、子供がとても状況が不憫なことになってしまったのがとても残念です。

しかし、この記事の内容では、100%『黒』であるとは読み取れないのではないでしょうか。

子育てをしていると様々なハプニング、トラブルが思いがけない場面で生じます。

ほとんどの人が完全に黒と決めていることがちょっと恐怖です。

動けない2ヶ月の赤ちゃんでも、何かのはずみで口に物が入る可能性は十分にあるし、それを出すために背中を叩くこともありえます。

なかなか取れなくて、焦って過度に叩いてしまい、揺さぶられっこ症候群に。。。

子育て中の親だったら、揺さぶられっこ症候群を検索したことなんてしょっ中あるはずだし。。。


□本当の事が何なのかわからないので、推測でしか物が言えないが、この記事を読んだ99%の人が「ひどい親だ」といった感想を持つと思います、本当の事は何もわからないのに。

子供の怪我の原因がわからなかったり、あやふやだったりした場合、病院は児童相談所に通報する義務があります。

親が言っているケガの原因が本当だったとしても、証拠がなければ病院は通報しなければなりません。

家庭内の事故です、動揺して原因をよく覚えていないかもしれませんし、必ずしも証拠があるとは限りません。

そこに落とし穴があります。

通報された時点で、虐待していたという目でしか見られません、この記事のように。

そして児童相談所に目を付けられ、一つ対応を間違えれば警察に通報されます。

逮捕に至ったという事はある程度証拠がそろったからだと思いますが。

間違いなく言える事は一つだけ。

ケガをした子供が不憫でならない。


医師がそう判断した理由をもう少し分かるように書いて欲しい

余程のことだからこうなってはいると思うが、本当に小さい何かを飲み込んで咄嗟に背中を叩いただけなのに逮捕されるならそれはそれで納得いかない。

まとめ

今回の報道だけでは、分からない事をまとめてみました

赤阪さんを逮捕したのが適切なのかモヤモヤしています。

しかし一つ明らかなのが、今回の件で重症を負った長男は不憫で仕方ありません。

誰かを罰することも大事ですが、後遺症のある長男が救われることも大事だと思いました。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です