谷生俊美さんのプロフィール・経歴 過去の画像も紹介!!

日本テレビ
(C)日本テレビ

村尾信尚キャスターから有働由美子キャスターに生まれ変わったニュースゼロが話題になっています。

特に話題を呼んでいるのが、トランスジェンダーの当事者で日本テレビプロデューサーの谷生俊美さんがゲストとして出演したことです。

スポンサードリンク

谷生俊美(谷生俊治)さんのプロフィールと経歴

ニュースゼロで話題の人

10月4日のニュースゼロのゲストが話題になっています。

引用:ツイッター

中央は新メンバーの有働由美子キャスター、向かって右端は岩本乃蒼(いわもと・のあ)日本テレビアナウンサーです。

そして左端の目を引く女性が「トランスジェンダーの当事者」谷生俊美(たにお・としみ)日本テレビプロデューサーです。

目鼻立ちがくっきりした女性ですが日本人のようです。

谷生俊美さんのプロフィールと経歴

気になる谷生俊美さんのプロフィールと経歴を調べてみました。

名前:谷生俊美(たにお としみ)

出生名:谷生俊治(たにお としはる/元男性

別名:ターニャ

年齢:44歳

学歴:東京外国語大学言語文化学科ドイツ語⇒大学院

職歴:日本テレビ(2000年~)

所属:日本テレビ『金曜ロードSHOW!』プロデューサー

前所属先:外報部⇒社会部警視庁⇒外報部

信 条・座右の銘:己の信じる道を行く

好きなもの:甘いもの

大学および大学院でメディアに興味を持ち、2000年に新卒で日本へ入社しています。

谷生俊治さんとして入社し、30代までは男性として活躍されていたそうです。

谷生俊治さん時代の画像が掲載されたツイッターです。

引用:ツイッター

入社後は、谷生俊美さんが配属されたのは外報部と呼ばれる海外支局や通信社などから入ってくる国外のニュースを処理する部署です。

その後、社会部警視庁担当に異動した後、再び外報部に所属し、インドネシアやイランに派遣されたそうです。

2012年から、現在所属している「金曜ロードSHOW!」のプロデューサーに就任・活躍されています。

簡単に調べただけでも次の六作品にスペシャルサポーターとして名前が載っていました。

○おかみこどもの雨と雪
○ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE
○劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)
○映画 ひみつのアッコちゃん
○映画 妖怪人間ベム
○藁の楯‐わらのたて‐
スポンサードリンク

谷生俊美さんのカミングアウト

もともと男性として日本テレビに入社し、事件記者やカイロ支局の特派員などを経て、「金曜ロードSHOW!」のプロデューサーを務めています。

カイロ支局時代、戦争やテロの現場を取材して人の死を目の当たりにし、自分らしく生きたいと決意したそうです。

トランスジェンダーの中には、外見を変える際に勤めていた会社を辞める人も多いとのことです。

しかし谷生さんは、今までのキャリアを否定したくなく、帰国後、髪を伸ばしたりノンセクシャルなファッションにしたりと、少しずつ慎重に見た目を変えていったそうです。

そして報道の現場で積み重ねた経験を番組作りにも生かしたいと、社内でカミングアウトする気持ちを固めたそうです。

思い切って直属の女性上司にカミングアウトすると、その上司は「言ってもらって良かった」と谷生さんに感謝の言葉を述べたそうです。

さらに上司自ら積極的に人事や関係部署に根回してカミングアウトを後押ししてくれたとのこと。

LGBTに対する管理職の意識や理解、当事者との率直なコミュニケーションが欠かせないと谷生さんは強調しました。

そして現在の女性としての姿でテレビに出演したのは、2015年5月25日の「ウラカタ」が初めてのようです。

引用:Twitter

2015年というとマイノリティーやLGBTが少しずつ社会で認知され始めた時期です。

ただ今よりはマイノリティーを受け入れる土壌が整っていなかったハズです。

そんな中で、谷生俊美さんを会社を代表する社員と認め、「ウラカタ」に出演させて日本テレビは素晴らしい組織ですね。

また秋の改変期で話題が必要なニュースゼロへの出演を決めたのも英断だと思います。

引用:ニュースゼロ

谷生俊美さん自身は、番組に出演することに視聴者の方々からの反応に対して不安を持っているようです。

しかし自分にしかない物事の見方があると信じて、番組を通して視聴者との会話のきっかけを作っていきたいと番組出演を決断したそうです。

スポンサードリンク

ニュースZEROでの谷生俊美さんのコメント

都のLGBT差別禁止条例案のニュース報道

ヘイトスピーチを規制し、LGBTなど性的少数者への差別を禁止する東京都条例案が賛成多数で可決されました。

引用:ニュースゼロ

この映像後に谷生俊美さんが条例についてご自身の考えを述べています。

差別禁止の意識が広がるには時間がかかるとしながらも、やめましょうと宣言されることが大事であること。

まったくないとでは対応が違い、今回の条例が差別の抑止力になることを期待されています。

また今回の条例をきっかけにして、みんなの意識が広がり、考えるきっかけになって欲しいと谷生さんは考えています。

LGBTを1つの個性として受け入れる世の中

視聴者から「色々な種類のマイノリティがいるのに、なぜLGBTだけ優遇するのか?」という意見が届きました。

引用:ニュースゼロ

それに対して、谷生俊美さんは次の二点を述べています。

○優遇を求めてるというよりは、普通の扱いを求めているという事だと思うんですよね。

○すから1つの個性として、普通に受け入れてくれればそれでいいなという感じですかね。

引用:ニュースゼロ

まとめ

谷生俊美(たにお・としみ)さんは日本テレビの会社員です。

会社という組織のなかで、トランスジェンダーであることをカミングアウトするのは勇気が必要なことだと思います。

そんな中で、上司に恵まれて女性のである谷生俊美さんを活躍させる土壌がある日本テレビは素晴らしい企業ですね。

谷生俊美さんの活躍がきっかけとなって、トランスジェンダーが受け入れられる社会になれば良いと願っています。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です