細川亨捕手が戦力外通告で楽天を退団→今後は?家族の生活は?

(C)楽天

楽天の細川亨(ほそかわとおる)捕手の退団が話題になっています。

今季の成績は一軍の試合への出場が2試合しかなく、来季の戦力構想から外れ戦力外通告へ。

経験豊富なベテランに、球団はコーチ就任を打診しましたが、本人は現役続行の意思が強く退団をして別球団へトライアウトを受けると予想できます。

しかし、別球団が見つからなければ引退となります。

今回は家族もいる細川亨捕手(38)について、画像やネットでの口コミ等で調べていきます。

スポンサードリンク



細川亨捕手の楽天退団報道

デイリースポーツ他、各メディアが細川亨捕手の退団について次のような報道をしています。


楽天・細川亨捕手(38)が今季限りで退団することが5日、決定した。
細川は16年オフにソフトバンクから楽天に入団。
今季は一軍試合出場が2試合にとどまり、来季の戦力構想から外れていた。
経験豊富なベテランに、球団はコーチ就任を打診し、話し合いを重ねてきたが、細川本人に現役続行の意志が強く、この日、退団が決まり球団から発表された。

元の記事はこちらです。

細川捕手の性格や成績

細川捕手のプレーから見る性格

細川選手は5度も日本一を経験しているパ・リーグを代表する名捕手です。

西武時代:2004年、2008年、
ソフトバンク時代:2011年、2014年、2015年

細川選手は研究熱心な性格で、常にメモをとり相手の苦手なコースや球種を分析し、慎重なリードをすることで、投手から信頼されていました。

Wikipediaより

また「体を張ったブロック」も細川捕手の特徴といえます。

本塁でのクロスプレーでも、けがを恐れずにボールを離さないなど力強いプレーが魅力です。

タッチプレーの場面では、次のようなプレーも多く、「せこい」「卑怯だ」などと言われています。
○捕球するタイミングでホームベース付近に足を出す。
○ホームインするランナーの足元にマスクを投げる。

したたかなな性格がうかがえます。

楽天での成績から見ると戦力外通告は妥当

しかし楽天に移籍してからの成績は次の通りです。

2017年:一軍の出場は20試合。
2018年:一軍の出場は2試合。

また絶対的な存在としての嶋基宏捕手や若い足立裕一捕手などがいます。

そのため来季の戦力構想から外れ、戦力外通告となりました。

スポンサードリンク



細川捕手引退の可能性

まだ引退を考えていない細川捕手。

そのため11月13日(火)に開催されるトライアウトへ参加する可能性が高いです。

独立リーグ海外の球団へ参加することも考えられます。

(C)楽天

しかし細川捕手の選手としてのピークは過ぎた年齢が気になります。

ソフトバンクと楽天から打診されたコーチも現役続行のため断っています。

そのため今後コーチを見据えた獲得はないため、このまま引退の可能性もあります。

細川選手の家族

ここからは細川選手の家族について紹介していきます。

妻・眞紀子は保育園や学童保育などを運営する「ニリアバニー」の代表取締役を務めています。

「ニリアバニー」は、6年先まで予約が殺到する「BunBu学院」という学童保育を経営しています。

読み書きそろばんから英語に数学、さらには五輪金メダリストが講師を務める体操や柔道まで。

くわしい情報はこちらから

(C)BunBu学院

そのため細川捕手が引退して収入がなくなっても、生活は安定しています。

また細川捕手は2002年に結婚していますが、2004年に長男が、2007年に長女が誕生しています。

スポンサードリンク



細川亨捕手の口コミ情報


次とるとしたらむしろ現役選手としての価値よりコーチとしての価値を買われるだろうな。
打てないし肩も衰えているがリードには定評あるし、ホークスもそのノウハウを甲斐に残してほしかった・・・

チームがその気なのなら当然現役続行で声を掛けてるはず。
コーチでってことならそういうことなんだよ細川。
現役はムリってことだろ。
持ってる能力ノウハウをコーチとして活かしてくれって言ってくれているのにナニを勿体ぶっているんだか。行き場所なくなるぞ。

 Yahoo!ニュース 
楽天 細川が退団 球団ポスト用意も現役続行を希望(スポニチアネックス) - Yaho...
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00000128-spnannex-base
楽天は細川亨捕手(39)と来季の選手契約を結ばないことを発表した。 今季はここま - Yahoo!ニュース(スポニチアネックス)

二度もコーチ就任打診を断ったし、次取るとしてもコーチの期待を含んだものになるからきびしいとおもう。

ちゃんとポストを用意してあるところが楽天らしいな。
本人が決めたことなので仕方がない。
移籍先が決まらなかったらいつでも戻ってきなさい。

そもそも楽天の獲得は引退後のコーチ契約を含めたものだと思っていたので驚き。
今年の試合を見る限りでは、もはや打撃も守備もとても一軍レベルではなく、衰えきってしまったな…という悲しい印象でした。
二軍で復調して手応えを掴んだのかもしれませんが、なかなか獲得は厳しい気がします。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です