高橋由伸巨人監督の引責辞任の理由は?後任の監督候補は誰?

巨人の高橋由伸監督の辞任が話題になっています。

チームの成績が良くないことによる引責辞任です。

今回は、電撃解任された高橋由伸監督理由とネットの反応をまとめました。
また高橋監督の後任となる監督候補について調べてみました。


スポンサードリンク



巨人の高橋由伸監督の引責辞任の理由とは?

デイリースポーツや各メディアでは、高橋由伸監督の引責辞任に関して次のようなニュースを報じています。


巨人は3日、高橋由伸監督(43)が今季限りで辞任することを発表した。
山口寿一オーナー(61)が都内の球団事務所で取材に応じ、「高橋監督から責任を取って辞めたいという話がありました」と、明らかにした。

発表を受け、高橋監督は遠征先の広島市内で対応。
普段通り冷静に、「監督を引き受けた時点から、チームの勝敗を背負うものと思ってやってきました。
その思いはこの3年間、今も変わっていない。
チームの成績が良くないということで、監督として責任を取らないといけない
けじめをつけるところはつけないと」と、語った。

世代交代の過渡期で、若手を育成しながら勝利も求められた。
今季は岡本を筆頭に、若手を積極的に使う姿勢も示したが
「優勝を目指して戦うわけだから、そこで勝てなかったのが現実。
まだ試合があるし、終わっていない。
ああだった、こうだったというのはお話しすることではない」と、
言い訳”はしなかった。

元の記事はこちらです。

巨人の高橋由伸監督といえば、1998年から2015年まで読売ジャイアンツの選手として長く活躍されてきました。

打撃・守備・走塁と、どれをとっても高い能力を誇る選手でした。

そのため2015年の時点では、翌シーズンも現役続行の意思を表明しています。

しかし原監督の勇退により、球団側から要請されて監督就任となりました。

それにともない選手を引退し、2016年シーズンからの監督となります。

監督就任時には、かなり期待されていました。

高橋由伸監督は、今年が契約の最終年となり、引責辞任をすることになりました。

球団側からの慰留についても、高橋監督の責任感の強さから辞任の意思は固く、辞意の撤回はないと考えられます。

3年間優勝争いに加われなかったことを重く受け止めているとのことで、今回の引責辞任になったようです。

高橋由伸さんが監督をしていた読売巨人軍の三年間の成績です。

2016年 2位(0.507)
2017年 4位(0.514)
2018年 3位(0.478)

就任1年目の16年は2位になりましたが、優勝した広島に17.5ゲーム差をつけられました。

2017年は球団ワーストの13連敗をするなど11年ぶりのBクラスとなります。

今季2018年は補強の失敗や故障者の続出が大きく響いて12年ぶりのシーズン負け越しとなります。

スポンサードリンク



今回の引責辞任についてネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。


でも由伸は現役から無理やり監督にさせられたようなものだったもんね。気の毒
でも、由伸が辞める事により、村田ヘッドはじめ、首脳陣は大きく変わるかもね。
お疲れ様でした。

色々と思うところはありますが、とりあえずお疲れ様でした。
無理矢理引き受ける形となり大変苦しんだと思いますが、今年台頭してきた若手は来年のチームに絶対役に立ってくれます。
一度しっかりと勉強をしてまた戻ってきてください

みなさん色々思うところがありますよね。
私の一番は、何でゲレーロ獲るの、しかも使うの︎でしたね。
高橋監督の思い通りにならない部分もたくさんあったと思います。
でも、それは歴代の監督みなそうであったはずだし、やっぱり結果だと思うなぁ。

僕の大好きな原は、選手の時には実績があってもけちょんけちょんに言われてたけど、監督になったらやっぱり結果を出したし、WBCで世界一になるなど、実力を発揮したよね。
まだまだこの先チャンスはあるから、諦めずに頑張って欲しいなぁ!

お疲れ様でした。
不本意な形で監督になりましたが、
外からしっかり勉強してまた戻ってきて欲しいと思います。
コーチ陣も新しくした方が良いと思う。

高橋由伸監督の決断は非常に良い。
自ら英断する事は次につながる。
この3年は次、監督をする際に良い経験になる。
コーチ陣が皆、年上が多い中で神経も使っただろう。
次のチャンスにじっくりと勉強してほしいし、ユニフォーム姿をまた見たい。

3年間お疲れ様でした。
いきなり監督にさせられ気の毒な面もありますが結果が全てな世界だから仕方ないですね・・・
しかも原監督の後でピークが過ぎた選手も多かった気がします。
しばらくは外から野球を見て勉強して再び野球界に戻ってきてほしいです!

高橋吉伸監督へのファンからの期待の高さが分かります。

突然の監督就任や年上のコーチ陣など、しっかりとした準備ができていない中での監督就任を気の毒に思っています。

次は、しっかり勉強をして準備を整えた高橋監督の勇姿が見たいですね。

スポンサードリンク



高橋監督の後任となる監督候補は?

今回は、突然の高橋吉伸監督の引責辞任のため、翌シーズンからの監督人事をどうするかが急務となっています。

球団側が誰を次期監督にするか、について注目が集まっています。

次期監督候補についてネット上でも予想する声がたくさんあります。

2019年の監督候補としては、松井、桑田、落合、中畑、江川、小久保などが挙がっています。

そんな中、マスコミで報道されている有力候補は4年ぶり3度目の指揮となる原辰徳さんです。


巨人の高橋由伸監督(43)が今季限りで辞任することが3日、明らかになった。
東京・大手町の球団事務所で山口寿一オーナー(61)が取材に応じ、辞意の申し出を了承したことを明かした。
チームはクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性を残すが、高橋監督は3年契約最終年の今季、優勝争いに絡めなかった責任を痛感。
自ら身を引く意思を固めた。
後任には原辰徳氏(60)を候補として一本化している模様。
4年ぶりに指揮を執ることが有力となった。

元の記事はこちらです。

原監督は「まず勝つことが一番の目的。そして実力至上主義。その2つがあればチームの和ができ、強くなる」との信念を持っています。

そのため必要とあれば、主力打者に犠打を指示するなど、自己犠牲を求めます

近年、大リーグでも行うようになった「中継ぎ投手による先発での小刻み継投」もシーズン中に行うなど、大胆な、常識にとらわれない用兵に「新しいチャレンジに恐れはない」と話したこともあります。

第2期として監督に就任した2006年も、前年5位に沈んだチームを立て直し、2年目の2007年にはリーグ優勝に遂げました

今度は4年連続で優勝を逃している読売ジャイアンツの再建が期待されています。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

2件のコメント

    1. コメントありがとうございます。

      高橋監督は時期が悪かったとしか言いようがありません。
      しかも現役選手として続行しようと思っている矢先ですから。

      今回の継続は難しいですが、次回の監督は期待したいです♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です