まんぷくの立花萬平のモデル安藤百福は台湾人→帰化した理由は?

女優・安藤サクラさんがヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「まんぷく」。

平均視聴率は20%超えという成果を出しています。

このドラマはインスタントラーメンを開発した日清食品創業者の安藤百福(ももふく)さんと妻・仁子(まさこ)さんの夫妻がモデルとなっています。

安藤百福さんの元々の名前は「呉百福」で台湾人です。

安藤百福さんが帰化したのが1966年です。

インスタントラーメンが発売・大ヒットしたのが1958年です。

ここで一つ気になることがあります。

日本で商売をするために、外国人では制限あるので帰化するのは分かります。

なぜインスタントラーメンで成功した後に帰化したのでしょうか?

しかも安藤百福さんは、インスタントラーメンの成功前にも、数々のビジネスで成功しています。

なんで安藤百福さんは帰化したのか?について理由を調べてみました。

まんぷくモデル企業と美智子様のご実家企業の関係

まんぷく安藤咲姉のモデルは実在!白馬のエピソードも実話?

スポンサードリンク

安藤百福が台湾人だったほうが都合の良かった理由

安藤百福さんは日本統治時代の台湾出身です。

日本統治時代ということで、ある意味では日本人ですが、民族では台湾人ということになります。

1966年に日本国籍を取得し、帰化することで日本人になりました。

実は日本で生活しているのに、日本国籍を取得するよりも台湾人であったほうが有利な時期がありました。

それが戦後の日本です。

戦後の日本には何もなく毎日の食事をすることも大変でした。

日常生活で必要な物は配給制です。

この配給制ですが、お店で品物を買うことができず、国から日常品を配られる仕組みです。

国から配られる日常品の量は少なく、配給だけでは生活できなかったようです。

そこで国の目から逃れ、裏で日常品の売買を行っている闇市がありました。

しかし、この闇市ですが非常に高かったと記録が残っています。

そのため当時の日本では色々な物が足りませんでした。

同じ日本国内ですが、戦争に勝った連合国軍最高司令総司令部・GHQには日常品が豊富にありました。

そこに目をつけたのが呉(安藤)百福さんです。

敗戦国の国民である日本人はGHQに出入りできません。

戦勝国である台湾(正確には中国のようんです)のパスポートを持つ呉百福さんは出入り可能でした。

GHQから物資を買い取り、日本人相手に販売することで利益を稼いでいたようです。

当時の日本人にとってはありがたい存在だったでしょうね。

インスタントラーメンの成功時は日本国籍はない

1958年に安藤百福さんは世界初のインスタントラーメンとなる「チキンラーメン」を発明します。

インスタントラーメンを作る方法を工場で再現することで、大量生産が可能となりました。

今では当たり前の「お湯をかけるだけで料理が完成する」のは、当時の人にとっては画期的でした。

またテレビCMの効果という説もあります。

今では当たり前のテレビCMですが、当時のテレビの普及率は16%と少ないです。

新しい物が好きな人がテレビを購入し、CMを見てチキンラーメンを買った可能性は高いです。

1958年当時のCMらしい動画(30秒)はこちらです。

このような理由から、インスタントラーメンは大評判となり、ものすごい勢いで売れます

あまりにも売れすぎたため、品不足で悩むほどでした。

このときには資料を調べる限りでは、安藤百福さんは帰化していません。

なぜ成功した後で、帰化する必要があったのでしょうか?

スポンサードリンク

帰化した時期は1966年

wikipediaによれば、安藤百福さんが帰化した1966年に次のような内容が書かれています。


1966年、安藤は視察のために訪れたアメリカ合衆国で新商品開発のヒントを掴んだ。
あるスーパーマーケットへチキンラーメンを持ちこんだところ麺を入れるどんぶりがなく、相手は紙コップの中にチキンラーメンを割ったものを入れ、湯をかけてフォークで食べた安藤はそれを見て欧米人には箸とどんぶりでインスタントラーメンを食べる習慣がないことを改めて認識し、カップに入れてフォークで食べられるインスタントラーメン、カップヌードルの開発に着手した。

元の記事はこちらです。

これはカップヌードルを開発するためのアイデアとして語られる有名なエピソードです。

安藤百福さんがアメリカへ行った理由は、チキンラーメンを世界で発売するための視察です。

ここからが安藤百福さんが日本に帰化した理由の推測になります。

実は1966年当時ですが、中国とアメリカは国交がありませんでした。

当然、中国籍の安藤百福さんはアメリカへ行けないハズです。

これからチキンラーメンを海外進出させるには中国籍であることが課題の一つとなったハズです。

海外進出をするために日本国籍へ帰化したと考えられます。

まとめ

世界中で愛されるインスタントラーメンの開発者・安藤百福さん。

インスタントラーメンで成功した後で、帰化したため不思議に思い調べてみました。

安藤百福さんのエピソードを読んでいる限りでは、海外進出のために帰化したと推測しました。

NHK連続テレビ小説「まんぷく」では、長谷川博己さん演じる立花萬平は日本人という設定です。

元気になれるドラマを期待しています♪

まんぷくモデル企業と美智子様のご実家企業の関係

まんぷく安藤咲姉のモデルは実在!白馬のエピソードも実話?

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です