高須克弥が癌を告白!内縁の妻・西原理恵子へ遺産20億円か?

高須クリニックの高須克弥院長がテレビ番組でガンを患っていることを告白しました。

膀胱、尿道、腎臓と、ガンが転移している可能性があります。

現在の状況についは、「決して軽くはないが深刻ではない」と発言しています。

高須院長のツイッターを見ている感じ、日常生活は問題なく送っているようです。

気になるのは高須院長のガンの進行状態と事実婚をしている西原理恵子との関係です。

もしかしたら高須院長の資産20億円が西原さんのものになるかもしれません。

スポンサードリンク



高須院長の病状

ガンのステージ

まずは高須院長のツイッターの発言を引用していきます。

現在は、尿道以外にも、膀胱、腎臓と全部で三つの臓器にガンがあります。

最初にガンが発生した部位から、離れた場所にある臓器にガンが転移している状態は「末期ガン=ステージ4」と言われています。

4年前の尿道癌から、膀胱、腎臓と別の部位に転移しているため、末期ガンとなります。

5年生存率と治療方法は?

末期ガンの5年生存率は約16%と言われています。

治療方法としては、手術で可能な限り癌を切除します。

手術ができない場合は抗がん剤を投与する化学療法や、ガンに放射線を当ててガン細胞の増殖を抑える放射線療法が行われます。

現在、高須院長は手術と抗がん剤治療を受けています。
※放射線治療は確認できませんでした。

しかも抗がん剤の影響で、現在は植毛ということです。

かなり重い話題を軽くツイートする高須院長。

本当にオープンな人ですね^ ^;

スポンサードリンク



資産額は20億円!高須克弥院長が明かす

僕が死んだら、現金の遺産はぜんぶ奨学金にいくの。20億円ぐらいかな。と発言する高須院長。

お子さんや内縁の妻である西原理恵子さんには何も残さないのでしょうか?

高須院長の”お金の哲学”

高須院長は「家族にはお金を残さない。それまでに整えた環境が財産」と話しています。

お話を要約すると次の通りです。

○お金は家族に害を及ぼす
○教育や作法、一般常識などの教育を身につけさせると全部うまくいく
○子供たちは稼ぐ力を身につけているから、何も残す必要はない


家族に害を及ぼすもん、お金って。
うまくいっている家っていうのは、教育とか作法とか、一般的な社会常識を身につけている、教育を身につけている子たちは、全部うまくいっている
遊び人の、おやじの遺産を欲しがる子孫っていうのは、お互いに死んだ後、争いあって無茶苦茶になりますもん。
だって子供たちはぼくよりも稼ぐ力を身につけているわけだから、何にも子供に残してあげる必要がない
なんにもないから。

また遺産については次のように語っています。

お話を要約すると次の通りです。

○教育、環境、稼ぐ力。それはすごい財産
○自立して自分で生きるやつに、不要なものを与える必要はない
○遺産を奨学金にする件については子供たちは反対しない


今までさ、教育を与えて、環境を整えて、みんな医者になって、稼げるんだから、それはすごい財産じゃないの。

(お金を残するのは)子供が障害を持っていて、生きていく力がないとかの例はそうでしょう。
ただ、自立して自分で生きていけるやつに、何で?
糖尿病のやつにもっと栄養を与えてどうするの?
いらないものを与える必要がない

(お金を残さないことは)しょっちょう言ってる。
(子供たちは)何にも反対しません
その代わり君たちは大人になったんだから、君たちのやることにも反対しない。
自由にやれって。
兄弟で意見が相違してケンカしているときは、どちらの肩も持たないもん。
『お父さん関係ないからって、巻き込むな』って言ってます。

そんな高須院長のお金の使い方のポリシーは、「自分が好きなように使っているだけだから、自分の好きなようにする

お金を残しても争いの種しかならない、教育や稼ぐ力を与えるのが最大の財産という考え方は高須院長らしいですね。

私たちは色々な心配のあまり、お金に執着し過ぎているかもしれません。

詳しい記事はこちらです。

スポンサードリンク



西原理恵子への財産分与は?

高須院長は、漫画家・西原理恵子さんと事実婚をしています。

2012年から交際を始めた二人は、今後も籍を入れる気はなさそうです。

そして2017年6月5日に放送された番組で西原さんに相続して欲しいものが報道されています。

この番組では高須院長の遺言状が公開され、西原さんに相続して欲しいものが放送されました。

それが愛車「オロチ」と東京都内のゴルフ場の会員権二つです。

西原さんは車の運転ができずゴルフもしないため困惑の表情を見せていました。

結婚という形式にこだわらない西原さんに、使い道のないものを残すという高須院長なりのシャレだそうです。

まとめ

癌を告白した高須院長。しかも末期ガンという重い症状です。

ツイッターでのつぶやきは元気な高須院長です。

このまま元気でシャレっけのある高須院長でいて欲しいです。

ガンになっても生活の質を下げる必要がないことをツイッターから発信しています。

患者の生活の質を上げることも医療行為の一つですね!!

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です