シルク・ドゥ・ソレイユO(オー)出演の北尾佳奈子の動機と年収

10月1日にテレビ東京で「世界ナゼそこに日本人」が放送されます。

番組予告では「アメリカ・ラスベガスで超有名な2人の日本人女性!人気No.1ショーに12年間も出演し、1500万人を魅了する五輪メダリスト」と発表されています。

実はラスベガスで上演されている「O(オー)」には二人の日本人が出演しています。

北尾佳奈子さんと小林寛美さんの二人です。

シルク・ドゥ・ソレイユに二人はなぜ参加したのでしょうか?

シルク・ドゥ・ソレイユの年収はいくらくらいなのでしょうか?

「O(オー)」の紹介と一緒に調べた内容を報告します。

O(オー)の紹介

2018年10月に開演20年目を迎える人気No.1演目!
変わったタイトルの「O(オー)」はフランス語で水を意味します。

「生」と「死」をテーマに繰り広げるアクロバットと巨大プールに変わるステージは圧巻です。

ショーはセリフもほとんどないため、英語に自信がない人も楽しめます


主な見どころは三つです。

Bateau(船)
霧の中から幽霊船が登場し、船の上でアクロバットが繰り広げられます。

Cadre(フレーム)
シマウマの装飾を身にまとったパフォーマーが、舞台に吊るされた巨大フレームの上を動き回ります。

Fire(炎)
本来交じりあうことのない炎と水が融合するパフォーマンスです。

ショーの時間は1時間30分で、価格は17,280~28,600円です。
※1ドルは110円で換算
また残念ながら5歳未満のお子さんは入場できません
そして18歳以下は大人の同伴が必要です。

シルク・ドゥ・ソレイユに二人が参加した理由

北尾佳奈子さんの場合

実はシンクロ選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーになることは珍しくありません。

日本人として初のパフォーマーは奥野史子さんです。

その後、河邊美穂さんも挑戦しパフォーマーとして活躍しています。

北尾佳奈美さんも、先輩たちの姿を見て、オーディションへの参加を考えたのでしょう。

小林寛美さんの場合

現役引退後、小林さんは一度はシンクロを離れ一般職に就職しました。

しかしシンクロへの思いを捨てきれず、パフォーマーとして生きていこうと決意

同じシンクロ日本代表チームの元メンバーで、すでに「O」に参加していた北尾佳奈子さを頼りに渡米しました。

そして現在は世界トップクラスのパフォーマーとして活躍しています。

気になる年収は?

お二人の正確な給料は分かりませんでした。

ただシルク・ドゥ・ソレイユの給料はトップクラスでも高くないようです。

トップクラスで年収85,000ドル1,600万円だという噂があります。

ただしシルク・ドゥ・ソレイユは安全な仕事環境手厚い健康・福利厚生のなどのサポートを提供しています。

ちなみに北尾佳奈子さんが住む豪邸の庭にはプールがあり、年間維持費に40万円かかるそうです。

まとめ

今回はシルク・ドゥ・ソレイユ「O(オー)」に出演する二人の日本人を紹介しました。

お二人ともシンクロ選手からパフォーマーへとなっています。

これからも世界トップレベルのパフォーマンス集団で活躍して欲しいですね。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です