吉澤ひとみがアルコール依存症で入院か?夫への負担や子供の世話は誰が?

元「モーニング娘。」の吉澤ひとみさんが芸能界を引退することを所属事務所を通じたファックスで発表しました。

原因は、飲酒運転とひき逃げ。

それによる自動車運転処罰法違反と道交法違反の罪での起訴です。

保釈後に吉澤さんは埼玉県の病院に入院しましたがアルコール依存症の治療だと思われます。

入院先の病院は有名な「あそこ」ではないしょうか・・・。


スポンサードリンク



吉澤ひとみが入院した理由は?

吉澤ひとみさんは、9月27日に保釈された後、埼玉県内の病院に向かいました。

アルコール依存症の治療のために入院するものと思われていますが、いったいどこの病院に入院するのでしょうか??

調べてみました。

アルコール依存症の可能性は高い

精神科専門医の山下悠毅さんは話からアルコール依存症の可能性が高いと思われます。

お話を要約すると次の通りです。

○吉澤ひとみさんはアルコール依存症である。
○入院したとしても治療効果は乏しい
○治療は生涯の断酒しかない。

精神科専門医の山下悠毅さんの実際の言葉はこちらです。


彼女はアルコール依存症です。
精神科の診断基準では、お酒を飲んだ際に周囲から批判を受けたことがあるのに断つことができない、
飲酒をした際に社会的な問題行動を起こしたことがある、
この2点を満たした時点でアルコール依存症と診断され、最近ではアルコールの使用障害と呼ぶことが多い


仮に入院したとしても治療効果は乏しいと言わざるを得ません。
アルコール依存症という病気はお酒が手に入らない環境では、飲みたいという渇望が消失するため、それで治ったと勘違いしてしまうからです。
アルコール依存症には『奈良漬(酒漬け)にした瓜は、元の瓜に戻せない』という格言があるのですが、アルコール漬けになった脳も元に戻りません。
治療は生涯の断酒しかないです

実際の記事はこちら

吉澤ひとみを待つ治療方法とは?

アルコール依存症には抗酒剤(嫌酒剤)を用います。

この薬はアルコールに対する耐性を低下させる効果があります。

この薬を服用した後にアルコールを飲むと、吐き気や嘔吐などの症状が現れます。

苦痛を経験することで、アルコールを嫌悪するように条件付けます。

吉澤ひとみ被告も入院先で、抗酒剤による治療を受けるかもしれません。

スポンサードリンク



入院した病院は【楽山】?

吉澤被告の入院先について、埼玉県にある【楽山】が候補の一つとして挙がっています。

【楽山】は日本初のストレス関連の病気に特化した専門病院で、病気を治すことが目的ではなく、「社会的弱者を救うこと」ことが目的だそうです。

これを理念としている病院は少ないのではないでしょうか。

そのため楽山では、「患者さん」ではなく「ゲスト」として対応します。

また「病室」ではなく「ゲストルーム」と呼んでいます。

そしてゲストルームはホテル並みで、様々なアクティビティも用意されています。

さらには病院でありながら、スパトリートメントやアロママッサージが楽しめるというから驚きです。

特別診察室を利用すれば、専用駐車場・専用エントランスが利用でき、誰にも出会わずに、入館・入退室することができるので、有名人が入院先として利用していると言われています。

過去の事例では、元俳優・高畑裕太さんや元TOKIO・山口達也さんも入院していたと言われています。

楽山のページはこちら

気になる入院費用は?

ゲストルームはベッドの差額が6,000円から10,000円となります。

入院費は健康保険を適応して6,000円から7,000円に食事代1,080円が毎日かかります。

これだけの施設で個室なのに料金が、すごく安いです。

仮に一週間入院した場合、約5万円です。

すごくリフレッシュできる一週間を過ごせそうです。

スポンサードリンク



夫は金銭的負担と子育て?

吉澤ひとみさんも気になりますが、残された夫と子供に関するニュースも入ってきました。

吉澤さんの夫はIT関係の会社を経営されており、オフィス街にある高級タワーマンションに住んでいるとのこと。

経済的に裕福な暮らしだったと想像しますが、これからは吉澤さんの収入がゼロになりますから今まで通りとはいかないハズです。

ただ保釈金から吉澤さんの収入について気になる発言もあります。

お話を要約すると次の通りです。

○過去の逮捕歴のある芸能人と比べると保釈金が安いです。
○吉澤ひとみさんの保釈金から思ったよりも収入は普通だと推測できます。

実際の記事内容はこちらです。


保釈とは、刑事手続において未決の被告人について、保釈申請を受け保釈金の納付を条件に身体拘束が解かれる制度で、起訴後のみ認められている。
保釈金は犯罪の性質や本人の収入などが考慮されて算出されるため、保釈金から逆算すれば、本人の経済事情が見えてしまう
吉澤被告の300万円は、どういった数字なのだろうか。


過去に逮捕歴のある芸能人の保釈金では、ホリエモンこと堀江貴文は総額で6億円、野村沙知代が5,000万円、小室哲哉は3,000万円、押尾学が1,000万円と、いずれも高額な保釈金を設定されています。
吉澤被告の300万円は、世間的に見れば特段の高収入でもない一般人に対して適用される上限といえますね。
芸能関係の仕事をしていたとはいっても、それほど収入はなかったのではないでしょうか

実際の記事はこちら

この記事が正しいなら、吉澤さんが芸能界を引退しても金銭的には困らないでしょう。

ただ吉澤さんは精神的に追い込まれていると思いますので、当分の間は夫が仕事と子育ての両方をするしかありません。

まとめ

今回の飲酒運転はやってはならない事です。

しかし精神的には追い込まれていると思います。

まずはリフレッシュして健康になる!

その後、今回の件について、ゆっくりと反省する必要があります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です