三遊亭円楽が初期の肺がん 手術や病院、入院期間や復帰時期は?

三遊亭円楽師匠が初期の肺がんであることが公表されました。

手術や病院、復帰時期などを調べてみました。

肺がん報道

円楽師匠の肺がんについては次のように報道されています。

落語家の三遊亭円楽(68)が28日、所属事務所の公式サイトで、初期の肺がんと診断されたことを発表した。
手術を受けるため、10月4~11日に予定していた公演はすべて休演する。

 Yahoo!ニュース 
三遊亭円楽、肺がん公表 10月から休演(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000093-sph-ent
落語家の三遊亭円楽(68)が28日、所属事務所の公式サイトで、初期の肺がんと診断 - Yahoo!ニュース(スポーツ報知)

円楽師匠が初期の肺がんということで安心しました。

というのも初期の肺がんの5年生存率は約85%と高いです。

また治療の進歩により生存率や病気後の生活も向上しています。

きちんと治して、元気な姿で高座に上がって欲しいですね。

【関連記事】
円楽肺がん「笑点」は出演「ごごナマ」は休演 理由や復帰はいつ?

三遊亭円楽さんの手術・病院は?復帰の時期は?

肺がんの手術

三遊亭円楽さんは手術を受けるとの報道です。

調べたところ肺がんの手術は次の二つです。
●肋骨の間を開く開胸術
●数センチの傷から胸腔鏡を挿入して行う胸腔鏡下術(つまり内視鏡手術)

今回は初期の肺がん復帰時期の早さという理由から、

内視鏡手術を選ぶのではないでしょうか。

がん病巣を手術で除去する療法で、原発巣だけでなく、他の部位に転移した転移巣も取り除きます。
がんそのものを外科手術で除去する局所療法です。
がんの治療法として最も基本的な治療法です。
肺がんの手術は非小細胞がんにおいてはⅠ期~IIIA期の局所に限局している場合のみ、小細胞がんにおいてはⅠ期のみが適応となります。

手術の方法はがんの範囲や浸潤度によって異なります。
主な術式は片方の肺をすべて摘出する肺全摘術、肺がんのある肺葉のみを切除する肺葉切除術、肺葉の中でもがんがある部分だけを切除する区域切除術、区域の中からさらに肺がんのある部分だけを切除する楔状切除があります。

これらの手術を行う際には、肋骨の間を開く開胸術、もしくは数センチの傷から胸腔鏡を挿入して行う胸腔鏡下術、いずれかの方法で行います。
また、がんを切除すると同時に周囲のリンパ節も一緒に郭清します。

入院先の病院

当然ですが入院先の病院については公表されていません

出身が東京都墨田区なので、東京都の病院に入院されると思います。

そのため候補は二つです。

1.国立がん研究センター中央病院

日本で最も肺がん手術をしている病院です。
また化学療法や放射線療法などもしています。
肺がんに対する各専門家が揃っている病院といえます。

2.杏林大学医学部付属病院

肺がんの名医・呉屋朝幸先生が所属する病院です。
呉屋先生は元国立がん研究センター中央病院所属です。
徹底的な情報開示をし、患者さんと語り合う治療を行います。

入院期間と復帰時期は?

退院後、普段どおりの生活に戻れるのは、どのくらい期間が必要なのでしょうか?
●開胸手術では約4~6週間
●胸腔鏡手術(内視鏡)では術後2~3週間

仕事復帰は内容によるのですが、術後1ヶ月程度となります。

円楽師匠の入院期間は、10月4日から11日と報じられています。

驚きなのは翌12日から横浜のにぎわい座の高座で復帰

こんなに早く復帰して体調は大丈夫なのでしょうか?

おそらく落語前に話すマクラは今回の病気に関する内容だと思われます。

まとめ

今回は初期の肺がんで安心しました。

根治の可能性は、かなり高いです。

しかし退院後すぐの復帰には驚きました。

無理をせずに、ゆっくりと完治を目指して欲しいと思います。

【関連記事】
円楽肺がん「笑点」は出演「ごごナマ」は休演 理由や復帰はいつ?

【9月29日追記】
笑点の収録は10月13日に行われます。
11日に退院予定のため予定通り出演できます。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です