Oculus Questの特徴や新機能など価格からGoと比較

(C)Oculus 公式サイト
(C)Oculus 公式サイト

Oculusといえば、VRゴーグルで世界No.1シェアを誇る企業です。
VRゴーグル単体で動作する「Oculus Go」から進化。
新しいVRの可能性を秘めた「Oculus Quest」が発表されました
すでに公式ホームページも作成されています。

Oculus Questの特徴

Oculusは開発者向けイベント”Oculus Connect 5″の基調講演を行いました。
ここで新たな一体型VRヘッドセット「Oculus Quest(オキュラス・クエスト)」を発表。
発売時期は2019年春を予定しており、価格は399ドル(約45,000円)です。

「Oculus GO(オキュラス・ゴー)」と同じくPCやスマートフォンが必要ありません。
コードレスで身体や手を動かすことのできる没入感の高いVR体験が可能となります。

より没入感の高い体験ができる6DoF

Oculusは単体で動く「一体型VRヘッドセット」として、すでに「Oculus Go」を発売しています。
「Oculus Go」に搭載されているのは3DoFです。
これは頭の前後左右の傾きと首の動きに連動します。

3DoFの説明/(C)いらすとや
3DoFの説明/(C)いらすとや

今回、発売される「Oculus Quest」には、6DoFが搭載されています。
この6DoFですが頭の動きだけではなく身体の動きにも連動しています。
Oculusの製品では「Oculus Rift」などPC向けのみ搭載されていました

6DoF/(C)いらすとや
6DoF/(C)いらすとや

今回の「Oculus Quest」に、この6DoFの搭載されることで、
コードレスで没入感の高い体験を手軽に実現します
さらに付属のハンドコントローラーも6DoFでトラックキングを行います。

広い空間をサポートする新機能

「Oculus Quest」は広い空間にも対応しています
少なくとも4,000平方フィート(371平方メートル)をサポートするトラッキングを備えていると発表しました。
公立の小中学校にある一般的なプール(約300平方メートル)より広いイメージとなります。
このような広い空間を利用した新しいVR体験が可能になるでしょう。

Oculus Riftに近い価格

値段で比較すると次のようになっています。
「Oculus Quest」が約45,000円
「Oculus Rift」が50,000円
「Oculus Go」が23,800円~

また「Oculus Rift」のゲームが「Oculus Quest」へ簡単に移植できるそうです。
かなり高性能なVR体験が可能そうです。
それを考えると「Oculus Rift」に近い価格帯も納得です。

まとめ

新しいVRゴーグル「Oculus Quest」が発表されました。
ローンチタイトルとして50以上を予定しています。
VRロッククライミング「The Climb」やパズルゲームの「モス」が発表されています。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です