レプリカ キアヌ・リーブス主演の新作映画の予告編と公開日

(C)Replicas
(C)Replicas

キアヌ・リーブス主演の新作映画「レプリカ」の新しい予告編が公開されました。
不慮の事故で亡くなってしまった人の意識をロボットへ移すSF映画。
その主人公をキアヌ・リーブスが演じます。

作品情報

原題:Replicas
監督:ジェフリー・ナックマノフ
出演:アリス・イヴ, キアヌ・リーブス, トーマス・ミドルディッチ, ジョン・オーティス

監督は「デイ・アフター・トゥモロー」の脚本を執筆したジェフリー・ナックマノフです。
この人は監督として何本か映画撮影をしているのですが日本未公開が多いです。
ホームレスと友達になったり、変装なしでレストランで仕事したりと好感度の高いキアヌ・リーブスが主演です。

予告編の感想

映画の導入部分となるストーリーが分かりやすい予告編です。

事故で亡くなったらしい青年の意識をロボットへ移すキアヌ・リーブス。
何もない空間に情報が表示されるあたりはSFっぽいです。
ヘッドマウントディスプレイをしているのがリアルですね。

問題は操作方法ですが、手に何もつけていないですね
どんなデバイスで操作しているんだ!!とツッコミを入れたくなりました。
グローブでもつけると説得力が出ると思いますよ。

青年の意識が移されたであろうロボットは混乱しているみたいです。
突然の変化についていけず、自分の頭を飛ばします。
ところで意識をロボットに移した場合、どういう状態を死と呼ぶのでしょうか?
頭を飛ばしても、接続すれば直る気がします。
本人の意思を尊重するなら直さないほうが良さそうですが・・・。

その後、事故で家族を亡くし、生き返らせるのが本作のストーリーです。
トーマス・ミドルディッチ演じる仲間の科学者と協力して家族の身体を複製します。
そして意識を移して家族を甦らせます。

ただし甦らせる3人まで。
亡くなった4人の家族のうち誰を諦めるのか
●妻を諦め子供3人を甦らせる
●子供1人を諦め、妻と子供二人を甦らせる
この葛藤も映画の見所となります。

公開日

「レプリカ」ですが日本公開の時期は未定です。
アメリカでも公開日未定なのですが、2019年にVODでの公開と報じられています。
日本でもVODでの公開となるかもしれませんね。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です