蓋が固くて開かない。女性・子供もできる四つの蓋の開け方

ジャムの瓶の蓋を開けようとしても蓋が固くて開かない。
料理中に調味料やトッピングの瓶の蓋が固くて開かない。
こんな経験は誰でもあると思います。

急いでる時に、瓶の蓋が開かないとイライラしますよね。
けど思ったより簡単な方法で、蓋を開けることができます♪
今回は、固くなった瓶の蓋を開ける方法を四つ紹介します。
時間がない人は4番目の方法だけチェックしてください。

固くなった瓶の蓋を開ける四つの方法

方法1.腕全体を使って瓶の蓋を開ける

私たちは手首より先の力だけで、瓶の蓋を開けようとします。
これでは瓶の蓋に力が伝わりません。
そこで手首から先だけではなく、腕の力も使って瓶の蓋を開けます。

【右利きの人向け】
1.右手で蓋をしっかりつかみます。
2.左手は瓶本体を握ります。
3.そのまま胸の前ぐらいの高さに、腕を前に伸ばします。
4.「手首を動かさない」ことを意識しながら、両手にしっかり力を入れて、肘を曲げて瓶を引き寄せます。
※左利きの人は1と2の手を逆にしてください。

肘を曲げて瓶を引き寄せれば、自然と腕に力が入ります
そのためポイントは、手首を動かさないと意識することです。

男性の場合は、この方法で一度試してみてください。
子供や女性の場合は、この後に紹介する他の方法が良いかもしれません。

方法2.瓶の蓋を温める

次は瓶を温めて蓋を開ける方法です。
●冷蔵庫など冷たい場所に瓶を置いていた。
●瓶の内容物が、調味料や甘い物。
こんな場合に効果的です。

50度くらいのお湯を用意します。
瓶の蓋の部分を、お湯につけて下さい。
これで瓶の蓋が開きやすくなります。

ただ注意点が二つ。
●水分が瓶の中に入り込んでしまう可能性がある。
●蓋が熱くなっているので、ヤケドする可能性がある。
小さな子供は、この後に紹介する他の方法が良いかもしれません。

方法3.瓶を逆さにして手で叩く

警視庁警備部災害対策課のツイートからです。
手元に道具が何もない時にオススメの方法です。
しかし、この方法ですが力を入れ過ぎて底を叩くと、瓶が割れる可能性があります。
あまり強い力で瓶の底を叩かないようにしましょう。
そのため各メーカーでは、この方法を推奨していません。

方法4.ガムテープ・布テープを使う

最後はガムテープ・布テープを使う方法です。
英語で解説されていますが、動画を見ると方法は分かります。
テープがあれば、この方法が簡単・安全です。

テープを瓶に蓋にはることで、力の入る接着面が増えます。
滑ることがなくなるため、力が一点に入ります。
そのため蓋に効率良く力を伝えることができます。
今回紹介した方法のなかで一番おすすめの方法です。

まとめ

いかがだったでしょうか。
蓋が固い瓶は使う気が無くなって捨ててしまった人も多いと思います。
けど蓋の開け方さえ知っていれば最後まで使い切ることができます。
もし固い蓋の瓶があったら、今回紹介した方法を試してみてください。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です