二日酔いだと飲酒運転と判断!アルコールの抜ける時間と対策を紹介

アルコールを扱った情報となっています。
個人差がありますので注意してください

仕事が終わった後のビールやチューハイは格別です。
飲みすぎて”二日酔い”という人もいると思います。
気をつけて頂きたいのは、二日酔いでも飲酒運転となる事です。

例えば上の記事で吉澤ひとみさんは「缶チューハイを3缶飲んだ」と話していました。
※それ以外のアルコールも飲んだと内容が変わっていますが。
この缶チューハイ3缶は、どれくらいの時間で運転できるようになるのでしょうか。
今回は二日酔いと飲酒運転
そのうえで対策方法を紹介します。

二日酔いでも飲酒運転になる

二日酔いの状態で車を運転すると、飲酒運転になる可能性があります
可能性と書いたのは、アルコールを分解する体質は個人差があるからです。

飲酒運転(正確には酒気帯び運転)では、厳格な基準が存在します。
それが”呼気中アルコール濃度“です。
この呼気中アルコール濃度が0.15mg/l以上で”酒気帯び運転“となります。
0.25mg/l以上ですと処分が重くなります。
さらに処分の重い”酒酔い運転“もあります。

どのくらいの時間が経てば、アルコールが分解されるのでしょうか。
そして”酒気帯び運転”にならないのでしょうか。

缶チューハイ3本でアルコールが抜ける時間

次のサイトで”呼気中アルコール濃度”と経過時間を調べてみます。

今回は女性で身長164cm体重59kgと想定しました。
まずはビール・発泡酒(350ml, 5%)を1本だけ飲んだ場合です。
飲んだ直後の呼気中アルコール濃度は0.2mg/Lと”酒気帯び運転”となります。
その後、アルコールを飲まなければ2時間で0mg/Lとなります。
※個人差がありますので飲んだ日は絶対に運転しないで下さい

それでは次にビール・発泡酒(350ml, 5%)を3本飲んだ場合です。
飲んだ直後の呼気中アルコール濃度は0.6mg/Lと高い数値になりました。
その後、アルコールを飲まなければ6時間で0mg/Lとなります。
日付が変わる前に帰れば大丈夫そうです。

さて缶チューハイ3缶ではどうでしょうか。
今回は缶チューハイ(500ml, 9%)を3本飲んだ場合です。
スーパーで売られているアルコール度数が最も高いロング缶を3本飲みました。
飲んだ直後の呼気中アルコール濃度は1.55mg/Lとかなり高い数値になりました。
その後、アルコールを飲まないで8時間経っても0.75mg/Lとなります。
確実に”酒気帯び運転“です。

このアルコール度数が最も高いロング缶3本ですが・・・。
実は日本酒を4合飲むほうがアルコール量は少ないです。
飲みやすい缶チューハイだからこそアルコール量には十分注意してください。

二日酔いの対策方法

体格の良い人ほど抜ける時間が早い

アルコールを分解するには肝臓。
体格が良い人ほど肝臓の処理能力が高いと言われています。
そのため体格が良い人ほど二日酔いになりにくいです。
もっとも体質によっては例外もあります。

水をたくさん飲む

アルコールを体外に排出するためには水分が必要です。
そのため水をたくさん飲むのが一番簡単な対策方法です。
水と一緒にアルコールを排出してしまいましょう。

寝ないで起きている

寝ている間はアルコールを分解する肝臓も休みます。
一説によれば起きている時の半分くらいの分解能力との事です。
アルコールを早く抜くためには、起きている必要があります。

ハイチオールCを飲む

ハイチオールCには、アルコールを分解する成分が入っています。
お酒を飲み始める30分前に飲んでも効果的ですが・・・。
人によっては、まったく酔えなくなります。

まとめ

今回は、二日酔いでの飲酒運転について調べてみました。
スーパーで売られてるアルコール度数の最も高いロング缶3本なら、次の日に酒気帯び運転となる可能性があります
また飲酒運転で事故を起こした場合、保険が適用されない可能性が高いです。
二日酔いでしたら無理に運転せず、公共交通機関で移動すしましょう。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です