【日比谷園@青山一番街】再開した人気ランチの評判

本格的な中華料理が楽しめる老舗中華料理店「日比谷園」。
産地直送の食材を使用し、油の使用を控えめにしたヘルシーな味わいが魅力です。
看板メニューは、坦々麺
ゴマの香りとコクが味わえる濃厚スープが評判です
2018年9月の青山一番街の再オープンでリニューアルオープンとなります。
今回は、「日比谷園」の特徴と感想を紹介します。

【日比谷園】お店の情報

店名:日比谷園
ジャンル:中華料理
交通手段:青山一丁目から47m
営業時間ランチ11:30~15:00、ディナー17:00~22:30(平日)、17:00~22:00(土曜日)
定休日:日曜日
予算:ランチ1000~1,999円、ディナー5,000~5,9999円

【日比谷園】坦々麺と麻婆豆腐の人気ランチ

多くの人を”とりこ”にした人気メニューの坦々麺
●濃厚なゴマの風味とラー油
●こだわりの甜麺醤(テンメンジャン)で味付けされた挽き肉
食べ進めると汗が止まりません
ランチではミニライスと杏仁豆腐が付いてます。

もう一つの人気メニューが麻婆豆腐
陳建一さんのお店で修行したというのも納得の美味しさです。
辛いのが大丈夫ならオススメです。

【日比谷園】再開した人気ランチの評判

さすが人気メニューの坦々麺は評判が良いです。
ただ値段については”ランチのミニライスとデザートをなくして安くして欲しい“という意見がありました。
美味しい坦々麺でも1,080円では、気軽に食べに行くのは難しいです。
ここでの坦々麺はちょっと良いことがあったときのご褒美にしたいと思います。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です