【ホワイトタイガー】その特徴と全国の動物園・サファリパーク一覧 

ホワイトタイガーのイメージ画像
ホワイトタイガーのイメージ画像

真っ白い姿が特徴のホワイトタイガー
インドに生息するベンガルトラの変種です。
インドでは神聖なものとされ、中国と日本でも”白虎”として崇められました。
全世界でも250頭、国内には30頭ほどしかいないと言われている希少種です。
今回は、ホワイトタイガーの特徴と出会うことができる全国の動物園・サファリパーク一覧を紹介します。

【ホワイトタイガー】特徴

食肉目ネコ科ヒョウ属に分類されるベンガルトラの白変種です。
オスが身長230~300cmで体重180~230kg、メスが身長180~230cmで90~180kgとなっています。
インドの森林に生息していて、小動物なら魚・鳥・トカゲ・カメ・カエルなどを、大型哺乳類ならイノシシ・シカ・ウシなどを食べる肉食獣です。

夜行性で、日中に行動することはほとんどありません
自分の縄張りの範囲内で獲物を探します。
獲物を見つけると茂みに隠れながら射程範囲まで近づきます。
タイミングを見計らって襲い掛かり獲物を仕留めます。
毎日のように自分の縄張りを見まわり、目立つ場所にマーキングをします
泳ぎが非常に得意で、水の中で涼むこともあります。

基本的には群れを作らず、単独で行動をしていています
子育ては1年半ほど一緒に暮らしながら狩りの仕方を教えるのです。
ちなみにオスは子育てに参加しません。
野生での目撃情報は1951年のインドで捕獲された個体が最後です。

【ホワイトタイガー】全国の動物園・サファリパーク一覧

ホワイトタイガーがいる日本の動物園・サファリパークを紹介します。
地区ごとにまとめ一覧にしました。

北海道・東北エリア

北海道・東北エリアでホワイトタイガーに会えるのは、岩手サファリパーク東北サファリパークの二ヶ所です。

岩手サファリパークでは、自然に近い環境でホワイトタイガーを間近で見ることができます。
那須サファリパークから引っ越したマハロくんです。

1992年には日本初となるホワイトライオンの赤ちゃんが誕生した”東北サファリパーク”。
2018年3月23日の自虐ツイートで話題となりました。

関東エリア

関東エリアでホワイトタイガーに会えるのは、那須サファリパーク宇都宮動物園東武動物公園群馬サファリパークの四ヶ所です。

草食動物が間近で見られると評判の”那須サファリパーク”。
野生に近い放し飼いのため雨や雪の日も楽しめるそうです。

宇都宮動物園には、ホワイトタイガーのアース王子がいます。
それとホワイトタイガーのトリックアートがあります。

東武動物公園には、ホワイトタイガー舎があります。
ここで暮らすホワイトタイガーをガラス越しに見ることができます。
毎週土曜日には、先着15組限定でホワイトタイガーにおやつをあげることができます。

群馬サファリパークでは、赤ちゃんが生まれると期間限定で記念撮影ができます。

中部・北陸エリア

中部エリアでホワイトタイガーに会えるのは、いしかわ動物園伊豆アニマルキングダムの二ヶ所です。

いしかわ動物園では、地上3.5メートルの”空中回廊”という屋外展示施設があります。
この屋外展示施設では、トラの生態を間近で観察できる工夫が凝らされています。

伊豆アニマルキングダムでは、レストランの窓越しにホワイトタイガーを間近で見ることができます。

近畿エリア

近畿エリアでホワイトタイガーに会えるのは、姫路セントラルパークアドベンチャーワールドの二ヶ所です。

姫路セントラルパークでは餌やり体験が有名です。
生肉に噛みつく姿は大迫力です!

アドベンチャーワールドでは、サファリワールドにホワイトタイガーがいます。
どちらかというとパンダの方が人気があるかもしれません。

中国・四国エリア

中国・四国エリアでホワイトタイガーに会えるのは、秋吉台自然動物公園サファリランドしろとり動物園とべ動物園 の三ヶ所です。

秋吉台自然動物公園サファリランドには、ホワイトタイガーの記念メダルがあります。
可愛らしいのでお土産にいかがですか。

自由すぎる動物園として、脚光を浴びている”しろとり動物園”。
多くの動物を放し飼いしていることで有名です。
イヌの様に鎖を持ってホワイトタイガーとお散歩できます。

親子連れにオススメの”とべ動物園”。
ベンチが多く貸ベビーカーがあります。
レストランでは、すべてのテーブルにベビーチェアが置かれています。

九州・沖縄エリア

九州・沖縄エリアでホワイトタイガーに会えるのは、大牟田市動物園平川動物公園沖縄こども国の三ヶ所です。

入園料は大人370円という安さの大牟田市動物園。
現在、ホワイティというホワイトタイガーだけです。
ホワイティ以降は、ホワイトタイガーを飼育しないと宣言しました。

ホワイトタイガーの様子をライブカメラで見える”平川動物公園”。
コアラの育成・保存に力を入れています。

沖縄県唯一の動物園が”沖縄こどもの国”です。
園内のいたるところでは熱帯の花が咲いています。
どんな時期にいっても南国らしい雰囲気を感じられます。

まとめ

日本国内でホワイトタイガーに出会える動物園・サファリパーク一覧を作成しました。
今回の記事でホワイトタイガーに興味を持ってもらえれば嬉しいです。
今度の週末は、ホワイトタイガーを見に、動物園へ行くのはいかがでしょうか。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です