【客室乗務員(フライトアテンダント)】身長制限と対策

客室乗務員
客室乗務員

半年ほど前、飛行機に乗ったら”身長の低い客室乗務員“の方がいました。
小さい身体で一生懸命働く姿は好感が持てます。
おそらく150cm前半ではないでしょうか。
けど客室乗務員って身長制限があったハズです。
気になったので、客室乗務員の身長制限と対策について調べてみました。

客室乗務員に身長が求められる理由

客室乗務員の主な仕事は接客保安管理です。
客室乗務員に身長が求められる理由は、荷物を入れる物入れに関係していました。
飛行機に乗った経験がある人なら知っていると思います。
物入れは客席の頭上に設置されていますね。
離陸前には物入れが閉まっているか確認しなければいけません。
目視確認だけではなく手で触って確認している客室乗務員も多いです。
身長が低いため触って確認ができないと、確実で素早い安全確認ができません

客室乗務員の身長は何センチ必要か?

海外の航空会社ですと身長条件が記載されています。
キャビンアテンダント(CA) 募集要領一覧を参照
身長が160cm以上や208cmに手が届くといった記載が多いです。

国内の航空会社では”記載なし“が圧倒的に多いです。
色々なホームページを見ましたが目安は”158cm以上”と書いてありました。

それでは”158cm”に届かない人は客室乗務員になれないのでしょうか?
どうやら150センチ前半でも合格した人がいるみたいです。
そういう人は、身長が足りないことを”強み”でカバーしました。
私が見かけた客室乗務員の人も身長をカバーする強みがあったんでしょうね。
また機内にフットステップがつき、そこに足を乗せることで身長が足りなくても物入れに手が届くようになります。
不利なのは間違いありませんが、挑戦する価値はありそうです。

身長を伸ばすため対策

そうは言っても身長は150センチ後半はあるほうが良さそうです。
そこで身長を伸ばすための方法を書いていきます。

毎日ストレッチをする


身長を伸ばすためのストレッチを紹介している動画です。
すぐに身長が伸びるわけではありません。
次に示した効果によって時間をかけて身長を伸ばします
●姿勢を改善することで内臓の働きを良くする
●呼吸が安定して睡眠が深くなる

サプリメントを飲む

栄養不足により身長が伸びない場合、サプリメントを試す価値はあります。
カルシウム、鉄、ビタミンDを含んだサプリメントが効果的と言われています。
他にも色々なサプリメントがあります。
自分にあったサプリメントを探してみてください。

整体へ通う

身長を伸ばすと宣伝している整体院があります。
ただ、どこの整体院へ行けば分からないと思います。
googleで検索したら、あまりにも多くのサイトが出てきます。
私は選ぶ基準すら分かりませんでした。
客室乗務員の予備校へ通い、効果のある整体院を教えて貰うのが良いでしょう。

まとめ

どうやら、身長が低くても客室乗務員にはなれるみたいです。
身長が150センチ前半の人は、身長で諦めずに挑戦して下さい
また”グランドスタッフ”をすすめるブログもありました。
客室乗務員になるための努力をしながら、グランドスタッフを頭に入れておくのも良さそうです。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です