【勝海麻衣】銭湯絵師を目指す美大生!気になる身長とスリーサイズは?

銭湯絵師を目指す美大生!勝海麻衣さん

麻衣さんはモデル業をやっているのも納得の美人です

まだ麻衣さんが子供のころの話です。
小学校2年の時、伊豆への家族旅行の帰り道に立ち寄った銭湯で初めてペンキを見ました。
そして「こんな大きな絵を描いてみたい」と思ったそうです。
そして中学生の時、インターネットで調べてときペンキ絵師の存在を知りました。
高校卒業後の弟子入りも考えましたが、まず基礎を学ぼうと武蔵野美術大に進学したそうです。
大学時代は舞台の背景画を手がけていたそうです。
現在は、東京藝術大学の修士で描画・装飾研究室に所属されているそうです。

勝海麻衣さんが弟子入りしたのは、日本に3人しかない銭湯絵師の一人である松山清人さん
丸山さんは、現役の銭湯絵師のなかでも最高齢で82歳です。

勝海麻衣さんの身長とスリーサイズ

麻衣さんの身長がツイッターでは話題になっています。
その原因の一つが、先ほどの写真にあるのではないでしょうか?
師匠の丸山さんのツーショットの写真で頭一つ分高く見えます。
麻衣さんの身長が高いのでは?と多くの人が思ったと考えられます。

そこで麻衣さんの所属事務所である「Cruva management・HelaHela」でプロフィールを調べてみました
身長:168cm
バスと:78.5cm
ウエスト:55cm
ヒップ:82cm

「Cruva management・HelaHela」の勝海麻衣さんのプロフィールより
なお事務所のサイトでは麻衣さんの出演歴を見ることもできます。

そこまで身長は高くありませんね。
ウェストが55cmとは、かなりスリムな体型です。

銭湯に興味を持たれた方は

今回の記事で銭湯に興味を持たれた人は、「あだち銭湯展」へ行ってみて下さい。
2018年8月25日(土)~9月2日(日)までの約一週間開催されています。
銭湯関連の各種展示から、体験型のワークショップやライブペインティングまで実施されます。

8月26日(水)には、麻衣さんの師匠である丸山さんがA4サイズの紙に富士山の描き方を指導する「銭湯背景画教室」というワークショップが実施されます
将来的には、麻衣さんもワークショップを実施するかもしれませんね。

「江戸銭湯ジオラマ」が初お披露目! 足立銭湯の魅力をPR「あだち銭湯展」より

まとめ

麻衣さんのスゴイところは何と言っても、子供のころに思い描いた夢を実現しつつあることです。
日本に3人しかいない銭湯絵師さんに弟子入りをして、夢を叶えようとしてます。
今回の件で、若い人が銭湯絵師の仕事に興味を持てば、希望者が増えるかもしれません
日本の銭湯文化のためにも、麻衣さんの今後の活躍に期待します。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です