【500ページの夢の束】自閉症を理解できる映画!海外の反応は?

500ページの夢の束のポスター
500ページの夢の束

本作は、スタートレックというキーワードで広報されています。
海外の映画サイトでは「自閉症がリアルに表現されている」という点でも高評価でした。
自閉症を理解するためにも優れた映画です
今回は、本作を楽しむための雑学と海外の感想を紹介します。

【500ページの夢の束】作品情報

原題:Please Stand By
公開年:2018年
監督:ベン・リューイン
出演:ダコタ・ファニング, トニ・コレット, アリス・イヴ
上映時間:93分

ちなみに本作の主人公を演じるダコタ・ファニングは「となりのトトロ」の姉サツキの英語版の声を担当しています。

【500ページの夢の束】楽しむための雑学

きっかけは自閉症×ロード・オブ・ザ・リング

マイケル・ゴラムコが本作の脚本を執筆者です。
本作の参考としたのがニューヨーク・タイムズに掲載された記事でした。
そこには、自閉症の女の子が、「ロード・オブ・リング」に合わせたフィクションを書くことが趣味といった内容でした。
この記事が、“自閉症の少女と社会のつながり”という本作の主人公ウェンディというキャラクターの核となりました。

複雑なスタートレックの権利関係

スタートレックの制作会社は企業買収・合併・分割を何度もやっています。
そのためスタートレックの権利は、複雑な状況になっています。

2018年現在、スタートレックのTVシリーズの権利はCBSにあります。
一方、スタートレックの映画シリーズの権利はパラマウントにあります。
スタートレックはTVと映画の権利を別々の会社が持つ状況となりました。
この場合、映画にTVのキャラクターを登場させるような事が難しくなります。
このような事情を踏まえて、今回の映画を見ると新しい発見があるかもしれません。

劇中に出てくるクリンゴン語って何?

本作では、パットン・オズワルト演じる警察官が登場します。
彼はクリンゴン語でウェンディに話しかけます。
スタートレックによって自閉症のウェンディが社会と接点を持つきっかけとなります。

実はウェンディを演じるダコタ・ファニングですがクリンゴン語を練習していました。
彼女のクリンゴン語は完璧だったと、ベン・リューインがインタビューで語っています。
‘Please Stand By’ Director Ben Lewin on Working with Dakota Fanning & Reappraising ‘Star Trek’より

このクリンゴン語ですが、「スタートレック」に出てくる宇宙人クリンゴン人が使用する架空言語です。
言語学者マーク・オークランドが「異星人らしく」なるよう慎重に作った架空言語です。
プロが本気で作ったため、完成度の高い人工言語となっています。
語彙は「宇宙船」や「軍事行動」といった概念に集中しています。
そのため日常会話は難しいと言われています。

【500ページの夢の束】海外での感想

IMDbでは6.7/10, ロッテントマトでは評論が65%・観客が70%と、やや高い評価です。
その理由を調べていきたいと思います。

自閉症を理解するために優れた映画

本作での自閉症の描かれ方は、好意的という意見が多かったです。
意見で目立った内容は次の通りです。
・自閉症を誇張せずに表現している
・自閉症を障害ではなく個性として描いている
そしてダコタ・ファニングの演技を絶賛している内容が多かったです。
本作は、自閉症を理解するための映画としても優れています。

トレッキー(スタートレック・ファン)必見!

本作は、トレッキーで自閉症の少女が主人公です。
そのためスタートレックが、ストーリーと密接に関係しています
次の予告編は約1分と短いですが、それでもスタートレックに関するネタが満載です。
・主人公のスタートレックの妄想から始まる
・主人公の旅の動機はスタートレックのシナリオをパラマウント社へ届けること
・予告編で出てくる警察官は、クリンゴン語で主人公に話しかける



本作はスタートレックネタ満載です
トレッキーの皆さんはご覧下さい。

おわりに

本作の主人公は、自閉症×スタートレックという難しい役柄です。
この主人公をダコタ・ファニングが、うまく演じています。
海外の映画サイトでも、ダコタの演技については高評価だった感想が多かったです。
自閉症かスタートレックに興味・関心がある方にはオススメの映画です

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です