【シャッフル】単純なアイデアが日常生活をサスペンスに変える

映画としては、曜日を入れ替えただけの単純なアイデアです。
それだけなのに意外とドキドキして観ることができる映画でした。

映画中に出てくる謎をドキドキしながら観たい人にはオススメです。
謎を解く要素はありませんので、謎解きが好きな人にはオススメできません。

今回は、あらすじ、キャスト、映画のトリビア、感想を紹介していきます。

あらすじ(96分)

愛する娘達と家族4人で幸せに暮らすリンダのもとに突然、夫のジムが自動車事故で死亡したという知らせが届く。ところが、その翌朝、死んだはずのジムが何事も無かったかのように仕事に出かけていった。安堵したリンダが翌朝目覚めると、ジムの葬儀の為に、喪服に身を包んだ人々が家に集まっていた。その日以来、全く身に覚えの無い“不可解な出来事”が次々と起こり始める。“何かが絶対におかしい!”――そう確信したリンダは、カレンダーと照らし合わせながら、不可解な出来事を順番に並べてみると、曜日が“シャッフル”されているという“驚愕の事実”に気付く。リンダはシャッフルされた1週間の謎を解いてジムを救う事ができるのか!?

興行収入:$84,146,832
製作費:$20,000,000
かなり黒字の映画です。
アイデアは面白いと思いますが、ここまで黒字になるほど面白いかな?
サンドラ・ブロックの影響かもしれませんね。

キャスト

リンダ・ハンソン(サンドラ・ブロック)
ジム・ハンソン(ジュリアン・マクマホン)
ミーガン・ハンソン(シャイアン・マクルーア)
ブリジット・ハンソン(コートニー・テイラー・バーネス)
アニー(ニア・ロング)

トレビア

カトリーナの影響

映画はニューオーリンズで撮影されるはずでした。
ところがハリケーン「カトリーナ」の影響で別の場所で撮影することになりました。
カトリーナの影響って、本当にスゴイんですね。

元ネタ?

本作は、1975年9月10日に放送されたCBSラジオミステリーシアターのエピソード「The Ides of March」とほぼ同じです。

終わり方を変える

元々の台本では、リンダがジムを救う結末でした。
あまりにもご都合主義だという事で、観客を驚かすために暗い結末に変えました。
また最後にリンダが妊娠するのは、サンドラ・ブロックのアイデアです。

感想(ネタバレあり)

面白かった点

単純なアイデアだが面白い

曜日を入れ替えるというアイデアだけでサスペンスになっています。
主人公のリンダは、旦那ジムの事故死前と事故死後の曜日を交互に過ごします。

曜日がシャッフルすることでリンダは悩みます。
・ジムから「娘の前でいったことは事実」という留守番電話-ジムは何をいった?
・娘の顔が傷だらけ-なんで傷だらけ?誰がやった?
・ジムの葬式を遠くから見る見知らぬ女。この女はリンダのことを知っているらしい-誰?
時間通りに生活すれば起こらない謎です。

曜日をシャッフルするというアイデアだけで起こる謎の数々です。
特に「娘の顔が傷だらけ」のシーンは、私は観ていてドキッとしました。
しかも理由がまったくわからないため、かなりモヤモヤします。

日常生活がサスペンスになる

起きるたびに曜日がシャッフルされます。
昨日、自分が何をしたか、リンダは知りません。
そのため日常生活がサスペンスになります。

たとえば、洗面台には薬が散らばっている。
薬の入れ物を見れば、知らない医者の名前が書いてある。
医者の名前を調べようと電話帳を見たら、そのページが破られている。
破られているページを探そうと思ったら、ゴミ箱に入っている。
といったように、日常生活でいちいち謎を解く必要があります。

こんな感じで、映画に描かれる日常生活のすべてがサスペンスの要素となります。

苦手な点

謎解きの要素がない

曜日が入れ替わることで起こるサスペンスの最大の問題点は、謎解きの要素がないことです。
結局、曜日を入れ替えただけなので、謎を解くための要素が映画中にでてきません。

映画中に出てくる要素を組み合わせて、謎を解いていきたい、という人には向かない映画です。

映画のメインストーリーである「ジムの事故死」と関係ない謎が多い
この映画のメインストーリーは間違いなく「ジムの事故死」です。
ところが、この映画で出てくる多くの謎は「ジムの事故死」と関係ありません。

重大な秘密が隠されている謎も少ないです。
例えば、娘の顔が傷だらけの理由は、娘が不注意でガラスに突っ込んだです。
誰かによる虐待ではなく、ただの事故です。
理由がわかったのは良かったけど、それだけなの?と私は思いました。

もし、映画中に出てくる謎の多くに、「ジムの事故死」の真相や誰かの秘密を暴くことを期待している人には向かない映画です。

まとめ

今回の映画のポイントは、曜日をシャッフルという単純なアイデアです。
意外と面白くなる、と思って私は楽しめました。
そのうえで日常生活そのものがサスペンスとなります。

ただ謎解きを楽しみたい人や色々な謎がメインストーリーと関係して欲しい人には向かない映画です。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です