「貯金をする」以外のお金の知識【基礎編】

「お金は郵便局に貯金しなさい」
両親から教わったお金の知識といえば「貯蓄」でした。
お年玉を貯めた10万円を預けても、一年間でほとんど増えなかったことを憶えています。

多くの方は、私と同じように「貯蓄」以外は教わっていないと思います。
この貯蓄だけでは、お金についての知識は身につきません。

今回は貯蓄以外のお金の知識について説明します。

不動産

土地、マンション、アパート、家など手堅い資産です。
おそらく自分が住むための家やマンションは借金して購入した方も多いと思います。
自分が住まずに、人へ貸すことで、お金が入ってきます。

健美家(けんびや)楽待(らくまち)のサイトでは不動産の売買がされています。
安い物件ですと10万円とかで買えますが、おそらく需要はありません。
変わったところでは、旅館やホテルも売買できます。

多くの投資家からお金を集めて、不動産投資することをJ-REIT(ジェイ・リート)と呼びます。
貯金よりも利回りが良く、実際の不動産より売買しやすいのでオススメです。

企業の将来性へ投資します。
安く買って高く売るキャピタルゲインと
配当金(持っていることで年に数回お金が貰える)のインカムゲインがあります。

特定の企業の株を購入するのも良いですが、メンドクサイと思う人はプロに任せてしまいましょう。
投資信託という商品を選択すれば、プロが勝手に株の売買をしてくれます。

このプロに任せるという発想があれば、人口が増える国に投資するのも面白いです。
人口が増えれば、経済が活性化し、企業も儲かりますからね♪
企業名など分からなくても何とかなるかもしれません。

債権

簡単に言ってしまうと借金を購入します。
株とは異なり、配当はありませんが、利息がつきます。

国の借金を購入したい場合、国債を購入しましょう。
地方自治体の借金を購入したい場合、公債を購入しましょう。
企業の借金を購入したい場合、社債を購入しましょう。

損する可能性が少ないためか、購入するのが難しいくらい人気です。

為替

二カ国間の金利差へ投資します。
例えば、みずほ銀行の普通預金の金利は0.001%です。
それに対して、みずほ銀行の米ドルの金利は0.35%になります。
ちなみにネットのソニー銀行の米ドルの金利は0.5%となります。
※金利は2018年8月3日現在のもの

為替手数料(円からドル、ドルから円へ変更する際の手数料)や金利を考えるとネットが有利です。
ボーナス時には、キャンペーンをやっているのでチェックしてみて下さい。

この為替で借金をして大きな額で取引するのがFXです。
相場が少し動くだけで、大きく稼げる可能性があります。
その一方で、大きく損する可能性もあります。

まとめ

今回は貯金以外のお金の知識【基礎編】について説明しました。
基礎編のため、代表的な金融商品について説明しています。
すぐに使う予定のない余裕資金がある方は、これらの金融商品を検討してみてはいかがでしょうか?

それと、これらの金融商品は損する可能性があります。
1円でも減らしたくない人には向いていないので注意して下さい。

それでは。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
スポンサードリンク

ゲン
神奈川県在住の会社員。 三歩進んで二歩下がる毎日を送る。 昼寝と映画と散歩が大好き。 気になった情報を発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です